産業方法の遷移と中小企業のことなどについて

実業中身について稽古しました。一般に、環境が発展するにつれて第1いつか実業(農・林・水産稼業)の比重が低下し、第2いつか実業(鉱・工・建設稼業)や第3いつか実業(商・ファイナンス・流通伝言・助け稼業など)の比重が伸びる傾向にあります。そういう傾向を開発人間のタイトルにちなんでペティ・クラークのパターンといいます。日本では、高度伸展期を通じてこういうカテゴリーが急速に進み、業務人間回数の半分傍を占めていた第1いつか実業従事人間の釣り合いは低下し、第2いつか実業・第3いつか実業従事人間の釣り合いが増加しました。一方、1973年齢の石油リスクをきっかけに従来の「重厚長大」実業に代わって、エレクトロニクス(電子テクノロジー)ライン実業やデータベースライン実業といったいわゆる「軽薄短小」実業が急成長しました。このように、農林水産稼業から鉱工業、軽工業から重化学工業、ひいては情報集約カテゴリー実業へと移行して行くことを実業中身の前進といいます。このことを勉強して、知らないこともあったので学べて良かったです。めっちゃたっぷりフルーツ青汁 飲み方